2013年01月17日

技術よりセンスが大事

タイトル画面

タイトル画面とエンドロールの作成が終わり、演出関係も残すところわずかとなりました。
あとは一部の立ち絵を指定して終わりです。
完成まであと一歩ですね。

エンドロール作りながら思ったこと。

凝った演出をする際に、技術面よりむしろセンスが大事だと痛感。
こんなエンドロールにしたい! じゃあ、スクリプトはどう書く!?
の前に
かっこいいエンドロールにしたいけど、具体的にどんな動かし方するの?
でつまずくわけです。

視覚に訴える演出ってなんだろう?
自分は元々、字書き畑なんでその辺のセンスが皆無です。
限られた情報から脳内で映像を再生するのがクセになってるので、アウトプットさせるのが難しい。

いっそのこと、演出家だけ募集したいくらい(笑)

個人的に今までで一番かっこいいと思うエンドロールはサークルPALETTEさまの『結衣子』。
参考にしようとしたら、なぜか全然違うものになった不思議。

そんなこんな。
posted by 直樹 at 08:22| Comment(0) | ゲーム制作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: